So-net無料ブログ作成
検索選択
yukoプロローグ ブログトップ

病気について [yukoプロローグ]

昨日の記事に関する続きです。
これもまた、私の絵のプロローグとして読んで頂きたいです。
この病気を避けては通れないんですよね。
絵描きとして第2の人生のスタート地点ですから。
それから、病気で苦しんでる方にも読んで欲しいです。

患者と医者と書きましたよね?
私は今から約3年前2004年の7月7日に
原因不明の病気に罹りました。
病名は『突発性難聴』

症状としては片方の耳が壊れてしまう病気。
人それぞれで、1日で完治する人もいれば、
一生治らない人も・・・・。
私のはその”一生治らない人”なんですが・・・

後遺症とはうまく付き合っていく・・・そして、今を受け入れる。

出来ないことを悩むより、出来ることを探していきたい。


--------------------------------------------------------------------------------

追記(2012):2009年、また再発。

さらに悪化し、現在はほぼ右耳が聴こえません。

加えて、難聴によって起こる様々な弊害に立ち向かう日々です。

が、こうなってもやっぱり”生きる生き抜く”なんです。

きっと出来ることがあるはず!

症状詳細、経過。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

壁に向かって [yukoプロローグ]

これは友人に贈った絵です。
去年の7月に夫婦で医師の勉強を目的にアメリカのサンディエゴに旅立った
急な渡米だったので、慌てて描いたため、ちょっと・・・?・・・と思うところも。
でも、彼女達はとても喜んでくれて部屋に早速飾ってくれてるとメールがきた。
「この絵を見る度、鹿児島での素晴しい人たち、国、生活を思い出します。」
と言ってくれる・・・・本当に嬉しい!絵描き冥利に尽きる!

『壁に向かって』とは、この絵の力のことです。
壁とは性別、年齢、職種、人種、国境、などのこと。
この絵を贈った友人は実はイラン人。
私の通っている東洋医術の医院(ここの先生には大変お世話になってます。また改めて書きたいと思ってます。)に個人研修で来ていた医者だった。
そう、患者と医者(個人的に罹っていたわけではないです)
という関係です。
不思議なもので、言葉はあまり上手く伝わらないのに、
私の絵を見せると途端に分かり合えた。
私の中の壁をひとつ超えた(越えた)瞬間だった。

いつも壁に向かってる・・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

動機 [yukoプロローグ]

30歳になった時、絵を習いに行こうと思い立った。
それまでの私の絵の経験を書いてみると、
小学2年生の途中である団地に引っ越しをした。
その同じ町内に4人の同じ歳の女の子がいた。
揃いも揃ってみんな漫画が好きで、読むのも描くのも夢中になっていた。
中でもMちゃんは、ずば抜けて上手く、現在漫画家として活動してる。

その4人で敬老の日やクリスマス会などに飾る絵を描いたり、
紙芝居を作ったりして町内では『Mプロダクション』と名が付いていた。
そんな楽しい日々も小学校の卒業と共に引っ越しをしてしまい、
離れてしまった。あんなに大泣きしたのは生まれて初めてでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

絵描きとして~始めに~ [yukoプロローグ]

 私には好きな画家が沢山います。
中でも昔から好きなのは、絵本作家で有名な『葉 祥明』さん。
すっきりとした絵の中に暖かさと美しさ広がりや奥行き、
そして溢れるほどの”愛”があります。
葉さんの作品を見ていると、いつも、心が癒されます。
画家としてはもちろんですが、人としてとても尊敬しています。

 私の絵は基本もデッサンもまだまだ勉強中です。
きっと一生何かを求め、完全なものを掴むことは出来ないでしょう。
習い始めの頃、型に填った技術などいらないと考えていた
自分の描きたい様にスタイルを自分流にして。
でも、すぐにそれは間違いだと壁にぶつかって分かる。
どうやったら絵の中に自分の想いを込められるか?
その想いは型にならず、悪戦苦闘を繰り返す。
絵を描く技術は、描きたい想いを平面上に表現する上でとても重要です。
自己流の基礎はデタラメを正当化する。
だからきちんとした基礎は必要なんじゃないかな?思います。

 画家の理想は閲覧者が「何か」を感じてくれることです。
時々、絵を描きたいという気持ちは?と質問されます。
何も知らず、何も経験せず、感動のないものからは生まれません。
過去の経験だったり、沢山の美術作品を見たり、喜怒哀楽だったり。
例えば、美しいものをどうやったら美しいと伝えられるか?
そんな想いで描いてます。
私の絵から「怒り」や「哀しみ」や「楽しさ」・・何でもいいんです。
ただ、「何か」を感じてもらいたいです。
そして「元気」と「優しさ」と「平和」を与えられるような作品作りを
目標として行きたいです。

 絵の発想やイメージ、構図、デザインの決め方・・・発案?は、
旅行先、散歩途中の風景とか、TV、雑誌映画だったり
日常の情景とか、音楽(特に浜田省吾さん)だったり。
様々なことから頭の中に映像が浮かびます。
それらは、突然として頭の中に出てくるので、
常に、メモ用紙とか、近くに紙を置いてあります。
いつでも落書きをしています。(笑)
風景だったら、カメラを常に持ち歩いているので、記録に残します。
形のないものから絵を起こすのはとても大変で、
そのイメージにあった資料を探し出し、参考にしながら絵を描いています。

これからもどうぞこのHPをよろしくお願いします。
そして何か感想がありましたら、遠慮なくご連絡ください。

Yuko. S


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
yukoプロローグ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。