So-net無料ブログ作成
検索選択

『3・11 』3年が経ちました。 [災害関連情報]

今日は3月11日。
震災から3年です。
あの日を正確に言えば、
発生から一週間を忘れることが出来ない。
こんなに離れた鹿児島の地で、
右往左往する日々でした。

テレビでのほほんとバラエティーを見ていたら
突如、ニュース速報が流れ、
映像が変わる。
受け入れられない映像が中継で流れる。
詳しい情報もなく、
暫くして、津波警報の画面になる。
津波到達まで、30分〜2時間だったか?
定かではないが、
全局津波の警報を流し、
こんなに時間があるなら、全ての人たちは
余裕で避難出来ると信じ込んでいた。
本当に信じていた。
この情報化時代の日本でこれだけ津波報道がされてるのに、
伝わらないことは絶対にないと。

その安易な考えはすぐに目の前にあるテレビで画面に映し出された。
愕然と絶望と哀しみでその中継から目を離すことが出来なくて
ただただ、画面に映る地獄絵図を見ていた。
(あまりの映像に未だに鮮明に思い出す。)

その後、福島県相馬市の姉同然の従姉妹家族の
安否を探した。
勿論、こんな時、電話をかけてはいけないと知りつつ
でも、動転してて判別が出来なかった。
繋がるわけがない。
佐賀の父に電話をし、父にしてみれば姪夫婦、
安否の確認が取れたか尋ねるが
結果は同じ。姉にもしたが同じ。

同時に、東京の姪と甥の安否も探すが連絡つかず。
こんなに不安な時間をいつまで続けるのか?
緊急伝言ダイヤル?に従姉妹の伝言があるかも?
など、なにか手段がないか?頭がパニック。

東京の姪と甥にはその後メールで連絡が付き、
地震直後の恐ろしさと、経緯を聞き
鳥肌が立つ。そして、涙だった。泣いた。

しかし、依然、相馬の従姉妹との連絡は付かない。
何通もメールを送った!
やはり、メールが有力だった。
二日後、返信が入る。
「避難して家族全員無事よ」
すぐさま、父と姉にしらせる。
寝てないせいか、ドッと力が抜けた。

しかし、今の従姉妹の状態がどういうものなのか?
全くわからない。
南相馬には従姉妹の息子家族が小さな子供と暮らしていた。
原発事故・・・・・・。

いま、私は何をしたらいいのか?
現地には行けない。
だとすると、こんなに遠く離れた場所で
何が出来る!!!!!?????

物資が、水が、電気が、家が。。。。
そして、原発からの逃避。
3日後、携帯の電話が繋がった。
家が一部損壊して寝泊まりは車でしてる。

道路は寸断されて、まだ動けない。
息子達夫婦はこっちに避難してるが、
孫が気になるから、ガソリンを手に入れたら
取り敢えず車で行ける親戚がいる福井県に向かう。

この一週間、電話が繋がる度に
従姉妹を励まし続けた。
それしか出来なかった。
テレビとネットから情報を得て、
従姉妹だけではなく、避難民受け入れの手続きをしたり、
(結局はウチまで入る人数には達しなかったけど。)
物資を送る手段を探したり、
義援金を何処に寄付すればいいのか・・・。

兎に角、今、私に何が出来るのか。
自問自答し、それでも何も出来ない自分に
無力を感じ、また、ぬくぬくと自宅にいる自分に困惑していた。
それはきっと、多くの人が感じていたことだろう。

自体は時が経つに連れて悪化の一途。
日々増える、行方不明者と死亡。
そして、一番最悪の事態に発展した原発事故。

毎日毎日、ニュースを見ていた。
段々鬱状態になりかけている。
でも、現地の方々、避難に遭われた方々、亡くなられた方々、
自衛隊、ボランティア、救済中の方々・・・・
比べると比較にならない自分の立場。

しばらくして、従姉妹夫婦の心の傷を癒すことが少しでも出来ればと
鹿児島に招いた。
毎日、余震の恐怖から逃れ、
安心の夜をグッスリと寝てもらい、
震災をいっ時でも忘れてもらえたらと。

色んなことを話した、聞いた、相談した。
九州に戻ってきたら?
佐賀の空き家に住んでいいよ。
そう、熱く言ったが、
従姉妹夫婦には、福島を離れることが出来なかった。
その理由も否定できない。

息子達3人は福島で産まれ、福島で育ち、福島で就職し、
福島で結婚し家族を持った。
「私たち、親だけが九州に帰ることは出来ない」

胸に刺さる言葉だった。
安易に私は息子たちも孫もみんなこっちに来ればいいのに、
なんて言ってしまった私は本当に浅かった。
息子家族にもそれぞれに、奥さん方の親族がいて
友人知人いて、働いてる同僚がいて、
故郷の絆がある。

故郷を復興させる使命感がある。
息子の一人は学校の先生だった。

語れば、もっと長くなる。

ただ、3年経った今の従姉妹の状況は
ほぼ、昔の生活に戻り家の修繕も出来、
周辺の相馬市も通常の街になりつつある。
しかし、家の近くまで来た津波の被害となった場所は
まだまだの状況。

幼い子供がいる息子家族は妻と子供は福井県、
旦那は福島(仕事で)、と離れた生活をしてる。

従姉妹の旦那は独自で食品に含まれる放射能量の計測機を
作っている。
さらに、生活範囲の放射能の数値を計る毎日。
決して、油断出来ない日々は続いている。

未だ行方不明の方々のご親族様、
復興の手が着かない被災地の皆様、
原発の恐怖と闘っておられる方々、
お見舞い申し上げますと共に、
一日も早い、安心が訪れることを切に願っています。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ipad で描く練習中^^; 初心者マーク♪ [my gallery]

スケッチアプリ、イラストアプリ。

色んなアプリを試し中です。

スタイラスペンも購入し(ちょっと反応鈍いこと多々あり・・・)

まずは無料でどのくらい出来るか頑張ってます!

初、私のデジタルアートです・・・・恥ずかしいけど。(笑)

ipad art 1.jpg

ipad art 2.jpg

ipad art 3.jpg


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

”春”探索 [花・植物]

先月、世間では大雪で大事でしたね。

被害に遭われた方々、

お見舞い申し上げます。

友人と ポカポカ陽気に少し暑さも感じつつ
春探しのドライブしました。

黄色は温かいですね~(^^)

1901863_531766860271029_322887593_n.jpg

水仙2.jpg

水仙.jpg


タグ: 植物 水仙
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

河津桜2014 [花・植物]

鹿児島にも数ヵ所にしかない河津桜

近くの公園が八分咲きの2月15日頃、
 天気も良かったのでウォーキング兼ねて
一足も二足も早い花見に。♡(❁´◡`❁)

1922500_535274926586889_1808271165_n.jpg

1912350_535274753253573_248133531_n.jpg

1911643_535275483253500_717313284_n.jpg


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ipad 買いました!(^^) [気まぐれ日記]

数年前から念願だった"ipad"を購入!
ニューモデルが半年毎に出る度に

(心のつぶやき)
「いつ買うか??」
「・・・・いまでしょ?!」

と何度も欲しい思いを繰返しながら。(笑)

そこで、ちょっと詳しい友人に相談して
やっと、先月購入(やりました!!)

もう~やりたいことが山のようにあって、
まずは、アプリを使ったイラストレーション!

しかしながら、
初めての ”Apple製品”Macユーザーになった。
スマホはAndroid(アンドロイド)だし、
PCはWindowsだし・・・。

また、初心者に戻ってしまった。(笑)

しかし、今の時代何でもこなしていかないと、
老後は確実にデジタル時代なのだ!

ビットコ〇ンではないが、
お金はデジタル数字で操作し動く時代に
銀行の窓口に足を運ぶことなど、
稀なことになるんだよね・・・。

ただ、この歳でデジタルの世界を勉強しようとしても
チンプンカンプンで、途中できっと挫折するのは決まってる。

だから、まずは自分の好きなシャンルから
好奇心だけで突き進む!!(笑)

私の父は10年前からパソコンに興味を持って、
職訓校のPC口座に通いたかったらしいが、
いろんなことで、断念した。
今でも、あの頃頑張っておけば・・・。
って思ってるが、
一昨年購入した録画機に未だ、アタフタして・・・。
果たしてこの激しいテクノロジーの嵐に
着いていけなかったかもなぁ~。

話は反れたが、
まだまだ購入して一ヶ月少し。
アプリもピンキリで、当たり外れも多く、
DL&アンインスールの繰返し。(笑)

しかし、ここまでアプリが充実してるのか!!
本当に驚きと興奮してるバカな私でした。(^^;)

DSC_0021.JPG


 


タグ:ipad air
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

続々と庭の花たちが春を告げてます^^ [花・植物]

もう~3月・・・・。

そろそろ、冬眠中の私もモゾモゾと動き出す。(笑)

ブログも溜まってた写真

次々にアップ。

気が付けば、庭の花達が音も無く咲き出してました。

鶯の美しい歌声にウトウト・・・・・

ハッ!いかんいかん。

「春の海 ひねもすのたりのたりかな」

DSC_0018a.jpg

DSC_0003a.JPG

DSC_0014a.jpg


タグ: 植物
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

川原尚行医師 国際協力講演会in鹿児島2014 [ロシナンテス&写真展]

川原尚行医師 (認定NPO法人/国際NGO ロシナンテス)
国際協力講演会in鹿児島2014
 (会場) かごしま市民福祉プラザ5階大会議室

久しぶりの川原医師の講演会に参加してきました。 

講演を聞きながらメモったまんま内容報告です。
 箇条書き風ですので解りにくいと思います。
 詳しくは『認定NPO法人/国際NGO ロシナンテス』HPで!
http://www.rocinantes.org/index.html

川原医師講演会2014 2.16.jpg 

アフリカのスーダンに行く経緯。
スーダンの光と影。
しかし、今の日本には欠けている何か煌めくものがスーダンにはある。

 外務省で動けない実情に煩悶する日々。
 外務省を辞める。

 国と手を携えてやって行きたいと思った。
しかし現実は今までの肩書きを頼りにしていた自分。

 最後は故郷。
 高校のラグビー部の仲間の助け。
 後輩のツテでスーダンのユニセフ事務所でお世話になる。
その後、ロシナンテス設立。

 日本に帰国時、311未曾有の災害が発生。
いろんな方のお力でなんとか現地に入る。
 地元北九州市に交通手段、薬、食料を手配して頂いた。

 現地閖上地区に入り、そこの行政と話して担当医にしてもらう。
 長期にわたって人と人、顔と顔を突き合わせて、心も体も治療したかった。

 非日常から日常を取り戻す活動。
 避難民のままでなく、共に手を携えて震災前のように
自立する環境を手助けする。

 政治と宗教には手を出すな!と言われたが
人々の拠り所の神社再建と祭りを提案。
あえて花見を地元の理解を得て実行。

 映画『無法松の一生』は小倉の男の憧れの人生観。
 裸になってバカになれ!

 究極論は戦争を無くすこと。
 子供の頃の教育が大切。
スーダンの子供たちを日本へ
閖上地区の子供達との交流を実現させる。
 別れ際の涙の理由は………
子供達同士の相手国の実情に思いやる気持ちが芽生えた。

川原医師講演会(3)2014 2.16.jpg

スーダンで活動をすることは
政治に関わらざるを得ない。
バシル大統領に会う。

スーダンの上層部から
身辺調査され、拘束、
なぜ外務省を辞めた。?
 咄嗟の言葉「俺は日本男児だからだ。」
で、“日本男児”とは?説明より全身で感じてもらうため北九州の自宅に招く。

 欧米との協力体制ではなく
日本独自の連携で国際協力、スーダンに
病院を設立したいと動いている。

 今、ここまで来れたのもちろん支援者の方々のお陰だが
高校のラグビー部員の仲間と家族の協力が主力となっている。

ロシナンテスPV〜『風に立つライオン♪』
 講演終了。
 

川原医師講演会(2)2014 2.16.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

紅梅・枝垂れ梅 [花・植物]

2月の中旬

近くの公園に梅を撮影に行く(*^^*)

6〜7分咲きでしたね。
うららかな陽気と花に癒されました(o^^o)

1625618_527386327375749_1707022266_n.jpg

1621960_527387964042252_959313036_n.jpg

1622235_527868897327492_1418377337_n.jpg

1904040_531766823604366_1126354806_n.jpg


タグ: 植物
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。